Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/120-5795326c

トラックバック

コメント

[C151] 4. 葉たばこ農家


チャンミさんへ はじめまして、流石は博士ですなあ。これからもご指導 お。願いしますよ

[C150] 3. 葉たばこ農家


30年くらい前はそこら辺でたばこ作っとったのにもうよいよ見かけんな。小学校の頃からおせになるまで、まだ寒い時期に苗を植えて、くそ暑い中ヤ二で真っ黒になりもって手伝いしたん思い出すなぁ。森ごりおさん、ポンカギとは懐かしい響きですな。芯を止めて葉の枚数を制限して、花を咲かせんようにして栄養を葉に蓄えていたんですね。葉の質と重さで収入が左右されますから大事な作業でした。今自分がいるのも、たばこのおかげと言うてもええくらいいですわ。
  • 2008-07-02 21:34
  • 秋△チャンミ
  • URL
  • 編集

[C149] 2. 収穫作業


森ごりおさん毎度です。 農家の人によると今は中葉を収穫しているそうです。暑い時期に大変な作業だそうです。

[C148] 1. なつかしい農作業


ごりお特派員・S藤マドンナ・秋△博士みんなこの刈り取り作業を経験したのです。今の時期は、下のほうの葉だけ先にかいで乾燥します。その後、梅雨明けの暑い早朝に、熟れた葉を近所の結いを組んだ親戚や仲の良い家々と一所に共同作業をしたのを覚えています。上のほうの葉を天葉(てんば)その次を中葉(ちゅうは)その下を本葉(ほんぱ)とか言って葉の位置で使われる銘柄が違ったのではないかと思うのです。このかぎ取りのまえには、ポンカギといって、成長点を止めるため、天コツの先を切り取る作業があったように思います。少しずつ昔がよみがえってきました。
  • 2008-07-01 23:43
  • 森ごりお
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

現代のベーハ小屋

三豊市財田町にある、財田葉たばこ生産組合の共同乾燥場

現代の[ベーハ(米葉)小屋 ]なのです。

三豊・観音寺両市にあって、共同乾燥場があるのはここ財田町だけだそうです。


建物の中では、コンテナのような乾燥機で葉たばこの乾燥をしています。


財田町では今でも葉たばこが栽培されています。


これから収穫の最盛期を迎えます。

今年は雨も多く、葉たばこの出来は良くないそうです。


たばこは専売品であったため、その栽培は今も昔も厳しく管理されているそうです。


各田んぼの中に「たばこ植付立札」なるものが立っていました。

耕作者の氏名・耕作地の地番や面積、植付たたばこの本数に至るまで記入されています。

農家のおじさんの話では、今ではたばこ農家も減少し、ここ財田上地区では10軒。

旧・財田町全体でも20軒余、三豊・観音寺両市まで見渡しても30軒弱しか残ってないとのことです。

この付近にはまだまだ数多くのベーハ小屋(乾燥場)が残ってました。


残念ながら現役のベーハ小屋は無いのです。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/120-5795326c

トラックバック

コメント

[C151] 4. 葉たばこ農家


チャンミさんへ はじめまして、流石は博士ですなあ。これからもご指導 お。願いしますよ

[C150] 3. 葉たばこ農家


30年くらい前はそこら辺でたばこ作っとったのにもうよいよ見かけんな。小学校の頃からおせになるまで、まだ寒い時期に苗を植えて、くそ暑い中ヤ二で真っ黒になりもって手伝いしたん思い出すなぁ。森ごりおさん、ポンカギとは懐かしい響きですな。芯を止めて葉の枚数を制限して、花を咲かせんようにして栄養を葉に蓄えていたんですね。葉の質と重さで収入が左右されますから大事な作業でした。今自分がいるのも、たばこのおかげと言うてもええくらいいですわ。
  • 2008-07-02 21:34
  • 秋△チャンミ
  • URL
  • 編集

[C149] 2. 収穫作業


森ごりおさん毎度です。 農家の人によると今は中葉を収穫しているそうです。暑い時期に大変な作業だそうです。

[C148] 1. なつかしい農作業


ごりお特派員・S藤マドンナ・秋△博士みんなこの刈り取り作業を経験したのです。今の時期は、下のほうの葉だけ先にかいで乾燥します。その後、梅雨明けの暑い早朝に、熟れた葉を近所の結いを組んだ親戚や仲の良い家々と一所に共同作業をしたのを覚えています。上のほうの葉を天葉(てんば)その次を中葉(ちゅうは)その下を本葉(ほんぱ)とか言って葉の位置で使われる銘柄が違ったのではないかと思うのです。このかぎ取りのまえには、ポンカギといって、成長点を止めるため、天コツの先を切り取る作業があったように思います。少しずつ昔がよみがえってきました。
  • 2008-07-01 23:43
  • 森ごりお
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

やのきち

Author:やのきち
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。