Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/1249-d4f52a46

トラックバック

コメント

[C4105] 2. Re:高野山・・


>詫間はさん毎度です。

今度は、亡きご母堂さまのご供養に、高野山におまいりされてはいかがでしょうか(合掌)

[C4104] 1. 高野山・・


17年前、淡路から、フェリー、そして「地図」見ながらたどり着いた「高野山」が忘れられません・・亡母連れて・・
  • 2011-07-07 19:58
  • 詫間は
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

聖地・高野山を訪ねる (その1)

四国八十八ヶ所を結願し、念願だった高野山にお参りしてきました。


高校時代からの友人(故人)が高野山大学在学中に何度か訪ねて以来、気が付けばおよそ30年ぶりの訪問となりました。



大阪へ単身赴任中の友人・A藤さんと合流、難波から南海電鉄の特急・こうや号で高野山を目指します。
$萩原な親父の日記

標高538mの極楽橋駅
$萩原な親父の日記

特急・こうや号はここまで。 
乗客のほとんどはケーブルカーに乗り換え、標高差300mの高野山駅へと向います。



高野山駅からバスに乗り換え、先ず訪ねたのが大門
$萩原な親父の日記

$萩原な親父の日記

高野山の西の入り口に当る大門は、霧雨に包まれ残念ながらその雄大な全景を見ることが出来ませんでした。

この時の気温19.7℃ 少し肌寒く感じます。



町の中心部・千手院橋バス停付近で傘を調達、山内を巡る事にしました・・・。



~続く~






関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/1249-d4f52a46

トラックバック

コメント

[C4105] 2. Re:高野山・・


>詫間はさん毎度です。

今度は、亡きご母堂さまのご供養に、高野山におまいりされてはいかがでしょうか(合掌)

[C4104] 1. 高野山・・


17年前、淡路から、フェリー、そして「地図」見ながらたどり着いた「高野山」が忘れられません・・亡母連れて・・
  • 2011-07-07 19:58
  • 詫間は
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

やのきち

Author:やのきち
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。