Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/1256-7f61f15a

トラックバック

コメント

[C4118] 2. Re:ここ・・


>詫間はさん毎度です。

落ち着きますね。

以前(30年ほど前)、12月の深夜にここへ写真を撮りに行ったことがあります。 ムッチャひんやりしてました。

[C4117] 1. ここ・・


冷んやりして、落ち着くでしょう・・ここは・・・?
  • 2011-07-19 12:47
  • 詫間は
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

聖地・高野山を訪ねる (奥の院)

壇上伽藍を後に、千手院橋からバスに乗って奥の院へと向いました。



奥の院へは本来、一の橋から約2㌔の参道を歩くのですが、この時の時間12時過ぎ。

お腹も減ってきたのでバスの終点・奥の院前まで行けば食堂もあるだろう・・・ということで先に食事を済ませ、中の橋~奥の院~一の橋というコースで参拝しました。 (実際は一の橋付近にも食堂はありました)



一の橋~中の橋~御廟橋(ごびょうばし)~奥の院と続く参道脇には無数の霊屋(たまや)・墓碑・供養等が建ち並んでいます。

その中で戦国武将・歴史上の人物の物をいくつがご紹介します。


武田信玄(左)・勝頼(右)墓所
$萩原な親父の日記
世界遺産にも登録されています。

伊達政宗墓所
$萩原な親父の日記

浅野内匠頭墓所
$萩原な親父の日記
左手前には赤穂四十七士菩提碑が。

豊臣家墓所
$萩原な親父の日記

松平秀康(徳川家康次男)霊屋
$萩原な親父の日記
国の重要文化財であり、世界遺産にも登録されています。


御廟橋手前にある護摩堂
$萩原な親父の日記

水向地蔵
$萩原な親父の日記



御廟橋から見た奥の院
$萩原な親父の日記
杉木立の隙間から僅かに見えるのが燈籠堂 
空海が入定された弘法大師御廟はその奥に位置します。


橋の脇の立札には
この御廟橋を渡ると弘法大師空海御廟の霊域に入ります。
先ず橋の前で脱帽、服装を正し清らかな気持で橋を渡って下さい。

とありました。

写真撮影・携帯電話・飲食・喫煙も禁止です、当然ですね。



奥の院をお参りし、今回の旅の大きな目的を達成。

参拝客も多く、御廟の前で『南無大師遍照金剛・・・』と七辺お唱えしただけでしたが清々しい気持になりました。





=おまけショット=

奥の院へ向う参道脇には、国内有名企業などの供養等もあります。

そんな一つがコレ
$萩原な親父の日記
 シロアリサンヤスラカニ・・・(合掌)
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/1256-7f61f15a

トラックバック

コメント

[C4118] 2. Re:ここ・・


>詫間はさん毎度です。

落ち着きますね。

以前(30年ほど前)、12月の深夜にここへ写真を撮りに行ったことがあります。 ムッチャひんやりしてました。

[C4117] 1. ここ・・


冷んやりして、落ち着くでしょう・・ここは・・・?
  • 2011-07-19 12:47
  • 詫間は
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

やのきち

Author:やのきち
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。