Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/1445-94298d7f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

羊蹄丸 最後の一般公開

旧青函連絡船・羊蹄丸が、愛媛県新居浜市の黒島埠頭で公開されていると聞きつけて行ってみました。

羊蹄丸①

この羊蹄丸は青函連絡船廃止後、東京の船の科学館で展示されていたもの。

今回の公開終了後は、先進国型シップリサイクルシステム確立の研究のため解体されるとのこと。

その意味は私では理解できませんが、つまりは羊蹄丸最後の一般公開となるのです。

残念ながら塗装は色あせていますが、まるで客船のような優美な姿は見るものを虜にします。

羊蹄丸③

羊蹄丸②

羊蹄丸④



船内を見学してみたのですが、操舵室を除いて他は現役当時の姿はありませんでした。


昭和30年代の青森を再現したというジオラマがありました。
羊蹄丸⑥

最近の『◎×博』などといわれるものによく見られる手法です。

この手のものを、お金を払って見せられるお客様はたまったものではありません。

この羊蹄丸が、船の科学館時代に不人気だったということを聞きました。
見せる側が、見る人のニーズを全く解かってないことによる悲劇ですね。

船内には当時活躍していたディーゼル機関車や客車が展示されていました。

車両甲板に展示されていると思いきや、なんと普通船室のあった場所に無理やり押し込めるようにありました。

駅構内や連絡船への入れ替えに使われていたDE10機関車
羊蹄丸⑤

急行列車に使われていたスハフ44客車
羊蹄丸⑦
いやはやなんとも…製作者はすごいセンスの持ち主だったようです。



後部甲板では、新居浜高専の学生さんによる、ミニSLが運転されていました。

ちゃんと石炭を燃料とした蒸気機関車で、出発の際の煙や蒸気もなかなかのものです。
羊蹄丸⑧

元・鉄道連絡船の中の、唯一“らしい”展示物でした。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/1445-94298d7f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

やのきち

Author:やのきち
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。