Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/1594-ca7027fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

法然寺

高松市仏生山町にある法然寺は、高松藩初代藩主・松平頼重公により再興され、以後松平家の菩提寺として発展してきました。

昨日1月13日(月・祝) 初詣を兼ねて参拝してまいりました。


境内は正面に三つの門を配し、本堂を始め江戸初期に建てられた幾つもの堂宇が並んでいます。

法然寺①
↑ クリックで拡大します。


駐車場前にある仁王門 すぐ奥には、一昨年に落成した五重塔が見えます。
法然寺⑤

真新しい五重塔
法然寺④
コンデジのワイド端での撮影ですので、歪んで見えるのはお許しを。

境内右奥にある本堂
法然寺②

阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒菩薩の像が祀られている三仏堂
法然寺③
本堂よりも、こちらにお参りされる参拝者が多いようです。


仁王門からまっすぐに伸びる石段を登ると、松平家の墓所である般若台にたどり着きます。
法然寺⑥
初代頼実公以来13代の当主のうち、10人の墓所が個々にあります。



さて、法然寺を参拝した翌日の新聞に、ショッキングな記事がありました。
仁王門から般若台に通じる石段の途中にある二尊堂が、やのきちが参拝した日の夜7時40分頃、火災で消失してしまったのです。

二尊堂についてはコチラを。 クリックで拡大します
法然寺⑦

正に消失半日前の二尊堂
法然寺⑧

頭上には阿弥陀如来・釈迦如来の二尊の像
法然寺⑨

天井に描かれた飛天の図
法然寺⑩

二尊堂の火災に関する四国新聞の記事はコチラを
 →http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20140114000152
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/1594-ca7027fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

やのきち

Author:やのきち
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。