Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/94-36de5558

トラックバック

コメント

[C81] 1. なるほどなるほど・・・


納屋の戸板の覚書ですか、これはレアものですね。
2つの越屋根、これも夫婦釜というのでしょうか?

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

乾燥場

観音寺市・三豊市では、昔・葉煙草の栽培が盛んに行なわれていた。


葉煙草を乾燥するための小屋。

ShopMasterさんによると<ベーハ小屋 >と呼ぶらしい。

親父が子供の頃は近所でもよく見られ、乾燥場(かんそば)と言っていた。


職場の同僚Y田さん宅(観音寺市原町)の乾燥場。


昭和22年頃建替えたそうで、築60年くらいたっている。


残念ながら乾燥場の大きな特徴である越屋根部分が無い。

平成16年の台風で破損したそうである。


向かって右半分が乾燥場。 左半分は納屋。


越屋根のあった部分。 棟の瓦が新しい。


煙草の乾燥具合を確認するための小窓。


乾燥場部分の内部。

柱や天井が設置され、物置として使われていた。


向かって左の納屋部分の内部。

戸板の裏に何やらチョークで書いてある。


乾燥場は、収穫される葉の量により、地区の農家何人かで共同で使用する事があったそうだ。

そのときの数量のおぼえ書き。

どこの農家の乾燥場にも必ず黒板があったのだが、そちらは温度管理につかっていたとの事。

数量などを書くのは納屋の戸板と、相場が決まっていたそうである。



越屋根の部分が綺麗に残っている乾燥場の建物。

   (観音寺市大野原町丸井にて撮影)

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yanokichigakita.blog.fc2.com/tb.php/94-36de5558

トラックバック

コメント

[C81] 1. なるほどなるほど・・・


納屋の戸板の覚書ですか、これはレアものですね。
2つの越屋根、これも夫婦釜というのでしょうか?

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

やのきち

Author:やのきち
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。