Entries

スポンサーサイト

三豊市詫間町詫間 骨付き鳥の的(まと)店の前にはヤツデ やのきちが子供の頃はウチにもありました。でも、最近は見ることが少なくなりました。メニューはいたってシンプルで、骨付き鳥の親・若のみ。他は鳥が焼きあがってくるまでのつまみに、冷奴と豆(はじき豆=フライビーンズ)があるだけです。取りあえずは豆をあてに、ビールでのどの渇きを潤すことにしましょう。なんでもない豆ですが小粒で食べやすく、皮を捨てる小鉢も...

今日のお昼ご飯は、おなじみの柳川店に入ると…竹の子   竹かんむりに旬と書きます。ここのところの暖かさと雨のおかげか、豊富に手に入るようになったみたいです。竹の子御飯先ずは蕨を一口。 薄味に炊き上げられた御飯をほおばると春の香りがしたようです。うどんにも竹の子の煮物が一切れ添えられていました。実は香川産の竹の子、東京の業者さんによると柔らかくて味もよく中々の品質なのだそうです。竹の子は京都産が有名...

めひかり

先日訪ねた高知県中土佐町・大正町市場で買ってきためひかり本名はアオメエソ 海底200~300㍍ほどに生息する深海魚で、眼が光ることからめひかりと呼ばれているそうな。香川県ではほとんど見ることができないけど、高知あたりでは特に珍しい魚ではないらしい。しっとりした一夜干しで売っていたので、軽く炙って酒の肴に。程よく脂が乗った白身で日本酒に良く合う。店のおばちゃんによると、天ぷらもお勧めなんだとか。...

先週の金曜日、本場の鰹を味わうために高知県まで行ってきました。着いた先はコチラ高知県中土佐町の黒潮本陣中土佐町久礼の町や、久礼湾を一望できる高台にあります。今回は黒潮本陣でプチ宴会でした。初鰹の塩たたき出来上がったばかりのたたきに塩をふり、ネギ・にんにく・茗荷などなどの薬味をお好みで乗せ、そのままいただきます。“焼き切り”と言う食べ方だそうです。藁焼きの香りが香ばしく、鰹の甘みがダイレクトに伝わりま...

リポビタン・大

左が小で右が並・・・まさか、M亀製麺所じゃあるまいし(~。~;)?...

Appendix

プロフィール

やのきち

Author:やのきち
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。